自動車保険の弁護士特約はいる?いらない?交通事故の被害者になったから言えること

役立つ豆知識

本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます

車の保険料を安くしたいんだけど、弁護士特約って付けていたほうがいいの?使えないならお金が勿体ないから特約を外したいんだけど……。

くるまクマ
くるまクマ

自動車保険には弁護士特約をはじめとした特約が複数あるため、あれもこれもと付けていくと保険料が高額になってしまいますよね。

ただ、弁護士特約の「いる」「いらない」は人によって異なります。そこで今回は、弁護士特約が「いる」といわれている反面、なぜ「いらない」という意見もあるのかをご説明します。

この記事で学べること
  • 弁護士特約が「いる」のか「いらない」のか、交通事故の被害者目線での必要性
  • 任意保険基準と弁護士基準の慰謝料相場の違い
  • 事故後の任意保険会社とのリアルなやり取り

弁護士特約が「いる」理由

車の保険料は少しでも安くしたいものであるため、不要な特約は付けたくないという方は多いでしょう。

この項目では、「いる」「いらない」論争がよく巻き起こる弁護士特約について、なぜ「いる」といわれているのかを解説します。

過失0のもらい事故に備えるため

弁護士特約が「いる」理由のひとつ目は、もらい事故の被害に遭ったときに自分で示談交渉をしなくても済むようにするためです。

自分に落ち度がない過失0の交通事故の場合は自分の任意保険を使う必要がないため、加入している保険会社は動いてくれません。
このようなときに弁護士特約を付けていると、加害者との示談交渉を自分の代わりに進めてもらえます。

任意保険会社が用意した弁護士と合わない可能性があるため

自分にも過失がある事故の場合、加入している任意保険会社が相手と示談交渉をします。
しかし、相手や事故の状況によっては交渉がスムーズに進まず、難航してしまうことも珍しくありません。

このように示談交渉が進まないときは任意保険会社が弁護士を雇って交渉を進めていきますが、このときの弁護士はユーザーが選ぶことは不可能です。
ほとんどの場合、保険会社お抱えの弁護士(顧問弁護士・協力弁護士)が登場します。

この弁護士と方向性などが合わないときに、弁護士特約があれば自分が好きな弁護士を見つけてきて示談交渉を依頼することが可能となります。

保険会社お抱えの弁護士だからといって自分の事故状況に特化しているというわけではないため、強い弁護士を探して依頼できるのは大きなメリットといえます。

任意保険会社に任せた示談交渉結果に納得がいかない可能性があるため

示談交渉は自分ではなく任意保険会社が行うため、その結果に満足できないというケースも少なくありません。

このようなときに弁護士特約に入っていると、弁護士基準での慰謝料請求ができたり、弁護士ならではの視点で交通事故のトラブルを解決に導いてもらったりすることができます。

より高い慰謝料を請求するため

10:0ではなく自分にも過失がある交通事故を起こした場合は任意保険会社が示談交渉を進めるため、慰謝料の額も任意保険会社が算出します。

この慰謝料をさらに高くできるのが弁護士です
弁護士は裁判基準で慰謝料を算出できるため、保険会社が提示してくる額よりも高額になるケースがあります。

任意保険会社が算出した慰謝料と、弁護士の裁判基準で算出した慰謝料のおおよその差額を以下にまとめましたのでご覧ください。

入通院月数任意保険基準弁護士基準
1か月12万6,000円19万円
2か月25万2,000円36万円
3ヶ月37万8,000円53万円
4か月47万9,000円67万円
5か月56万7,000円79万円
6か月64万3,000円89万円
7か月70万6,000円97万円
8か月76万9,000円103万円

任意保険基準と弁護士基準では約30万円も差が付くこともあるため、慰謝料請求を考えると弁護士特約を付けておいたほうがよいといえるでしょう。

弁護士特約は「いらない」という意見がある理由

弁護士特約は付けておくと便利で安心な特約ですが、「いらない」という意見も一定数あります。

この項目では弁護士特約は「いらない」という意見についてご紹介するので、付けようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

示談交渉は保険会社に任せられるため

弁護士特約は「いらない」派の意見として多いのが、弁護士に動いてもらうほどの事故に遭う確率が低いということです。

確かに、交通事故が起きたときは加入している任意保険会社がしっかりと対応してくれますし、顧客満足度はどこの保険会社もある程度高いといえます。

保険会社は事故対応のプロであり、何かトラブルになっても任せられるため、弁護士特約を付けて備える必要はないという考えの方もいらっしゃいます。

使えないケースがあるため

弁護士特約は、どのような事故状況でも使えるというわけではありません。
以下のようなケースでは、弁護士特約を使おうとしても保険会社に断られることがあります。

  • 車やバイク(原付含む)事故以外のトラブル
  • 業務中の事故
  • 自分の責任が重い場合(重過失・故意)
  • 事故後に弁護士特約を付けた場合

弁護士特約は自分に過失があっても使用することは可能ですが、飲酒運転やあおり運転、無免許運転など自分の過失が重い場合や故意と認められる場合は特約を使うことができません。

【実話】私が交通事故に遭ったときに揉めた話

私自身の話ですが、数年前に交通事故の被害者になりました。
この事故で相手保険会社と揉めに揉めたので、リアルなやり取りをご紹介します。

事故状況と過失割合

交通量の多い道路なので合流するところに信号があり、私は目の前の信号の色が青であることを確認して本線へと進んだのですが、左後方から信号無視の車に突っ込まれたのです。
相手の車はCX-5、私の車は営業用で使っていたミライース、完全に力負けして吹っ飛ばされました。

事故の後警察官から聞いた話によると、相手はスマホを見ていて信号を見落としたとのことで、過失は私が0で相手が10となりました。

勘のいい読者の方はここでお気づきかと思いますが、過失0のもらい事故の被害者になったということです。
ただ残念なことに私は弁護士特約に入っていなかったため、相手の任意保険会社と私個人の戦いが始まりました。

ついに!通院打ち切りの連絡

怪我は、むち打ちと膝・肩の打撲、鎖骨の裂傷で、相手に怪我はありませんでした。

病院に3か月ほと通ったころ、「そろそろ相手の保険会社から通院打ち切りの連絡がくるだろうな~」と思っていましたが、案の定「お身体の具合はいかがでしょうか?」とマニュアルどおりのお伺いの言葉を並べながら通院は終わりだと連絡がきました。

症状が軽快していれば通院打ち切りで全然よいのですが、3か月病院に通っても腕を真上に上げられない、首を横にしようとすると一定のポイントで激痛が走るという症状が続いており、私の意思としては通院の継続を希望するというものです。

次項で保険会社とのやり取りをご紹介します。

第1回目|VS保険会社!通院打ち切りの連絡

車屋の経験から、保険会社とのやり取りは絶対に残しておいたほうがよいと知識を得ていたので、保険会社との通話記録が未だにしっかり保存されています(笑)

以下私と相手保険会社の担当者とのやり取りですので、ぜひご覧ください(少し私の言葉がきつい部分がありますが、リアルをお伝えするためにそのまま載せます)。

お身体の具合はいかがでしょうか?

くるまクマ
くるまクマ

よくないですね。痛みもまだ完全に取れていません。

まだ痛みがあるとのこと、お見舞い申し上げます。

くるまクマ
くるまクマ

はい。

改めまして今回お電話したのは、そろそろ通院を開始されてから3か月が経ちますので、治療費の支払いを〇月〇日で終了とさせていただきます。

くるまクマ
くるまクマ

あの、話聞いていましたか?まだ痛みがあるので通院を打ち切られると困ります。

しかしむち打ちの通院は基本的に3か月が限度ですので……。

くるまクマ
くるまクマ

「基本的に」ですよね?人によって症状はさまざまであることは保険会社で働かれているのならわかりきっていることでしょう。

症状が続いているのにもかかわらず、通院するならこれからは実費だぞと言うのはおかしいのではないでしょうか。

ですが……。これ以上通院しても症状が良くなるという保証はありませんよね?

くるまクマ
くるまクマ

そりゃそうでしょ……。いつ良くなるのか分かるのなら私が一番知りたいですよ。

おたくには関係ないかもしれませんが、私は車の整備士なので腕や首が自由に動かせないと業務に支障が出るんですよ。だからしっかり治したいんです。

そうなのですね……。では社内で一度相談したいので、またご連絡させていただいてもよろしいでしょうか。

くるまクマ
くるまクマ

分かりました。お待ちしています。

第2回目|VS保険会社!見事勝利

先日のお話の続きでお電話しました。

くるまクマ
くるまクマ

はい。

社内で相談したところ、通院を継続していただいて問題ないということになりました。

くるまクマ
くるまクマ

良かったです。では引き続き症状が良くなるよう病院に通います。

お大事になさってください。またご連絡させていただきます。

電話を切った後、「勝った!!」と思いました(笑) 今回継続したいという意見が通ったのは、まだ症状が続いていて辛い、仕事にも影響が出ているというところをハッキリ伝えたからかもしれません。

保険の担当者もこのようなやり取りは慣れているため、あーでもないこーでもないと言ってきますが、言いくるめられないように意思を持つことが大切ですね。

第3回目|VS保険会社!症状固定の話

通院の継続が決定してから、4か月目・5か月目のときに再度担当者から打ち切りの連絡がきましたが、症状が軽快しないまま通院を打ち切られるのは納得がいかないと毅然とした態度で言い続け、結局6か月間病院へ通うことができました。

6か月目の保険の担当者とのやり取りをご紹介します。

お世話になっております。その後お身体の具合はいかがでしょうか。

くるまクマ
くるまクマ

事故前のように身体を動かせるかと聞かれたら、「無理だ」という感じですね。

なるほど……。やはり腕が上がりませんか?

くるまクマ
くるまクマ

えぇ。一定の場所から上へ上がらず、首も横を向こうとすると痛みが出るポイントがあります。

そうでございますか……。お辛いですよね。

くるまクマ
くるまクマ

そうですね、本当に事故の加害者の方には「えらいことしてくれたな」という感じですね。

〇〇さん(保険の担当者)は別に何も悪くないですよ、お仕事をしているだけだとこちらも分かっていますので。今回の電話も通院打ち切りのお話でしょう?

おっしゃる通りでございます……。そろそろ通院開始から6か月が経ちますので……。

くるまクマ
くるまクマ

まあ本音を言うと少しでも痛みがなくなるよう、少しでも腕や首の可動域が上がるよう通院はしたいと思っています。

そうですよね。ただやはり6か月も経ちましたので、このまま通院を続けても……というところでして。

くるまクマ
くるまクマ

通院を続ける以外に何か症状を軽くする方法がありますか?痛みを少なくする方法がありますか?治す方法がありますか?

おっしゃりたいことは分かりますよ、すべての通院を許可していたら会社として立ち行かないですもんね。でもこちらも身体を事故前の状態に戻したいだけなんですよ。

ごもっともでございます。しかし、これ以上の通院はこちらとしても了承できかねまして……。

一度、症状固定で後遺障害のお話をさせていただければと思いますがいかがでしょうか。

くるまクマ
くるまクマ

症状固定ですか……。まあむち打ちで6か月通院して症状が軽快しないことを考えると……。

でも後遺障害が認められるのは医学的な証明が必要でしたよね?

そうです、なので一度病院でMRIを撮っていただき、それを元に診断をするという流れになります。

くるまクマ
くるまクマ

うーん……分かりました。MRIを撮るよう保険会社から言われた旨を先生に伝えておきます。

やはりむち打ちだけでは6か月が限界らしく、これ以上の通院は望めませんでした。
保険会社からの案としては、症状固定として後遺障害を申請をしてくださいというものです。

結論を先に申し上げると、私のケースでは後遺障害は認められませんでした。
確実に痛みがあるのに、MRIの画像には証拠となるような筋肉の損傷などが写らなかったためです。

人の身体って不思議ですよね……。絶対に痛いのに、治っていないのは確実なのに、画像には写らない。
証拠となる画像を用意できなかったため後遺障害も認めてもらえず、これに関しては医師の判断を覆せるような医学的知識は私にはないため、異議を唱えることはできませんでした。

第4回目|VS保険会社!慰謝料について

さて、通院も6か月通ったところで打ち切られ、後遺障害も認められなかったためいよいよ慰謝料の話になります。

保険会社から書類が届き、中を確認すると約65万円という金額の提示でした。
しかし、治る見込みのない痛みを背負わされてたったの65万円という慰謝料は絶対に納得がいきません。

それでも私は弁護士特約に入っていなかったため、相手の保険会社との示談交渉は自分で進めるしかありませんでした。
納得がいかないことを伝えても、全く取り合ってもらえずとても悔しい気持ちだったのをよく覚えています。

そして、悔しすぎたので自分で弁護士を雇いました(笑) その結果、すんなり慰謝料がアップして125万円ほど支払ってもらうことができました。

ただ、ここから手付金10万円+成功報酬10%を支払うことを弁護士と契約をしていたので、10万円(手付金)+12万5,000円(成功報酬)=22万5,000円を弁護士に渡しました。
手元に残ったのは、この22万5,000円を差し引いた102万5,000円です。

交通事故の被害者になって学んだこと

もらい事故を受けて、私は弁護士特約に入っておけばよかったと心の底から思いました。
なぜかというと、以下のようなメリットがあるためです。

  • 弁護士特約に入っていればもっと早い段階で示談交渉を弁護士に任せられ、自分の精神的負担を軽減できた
  • 相手の保険会社とした慰謝料についてのトラブルに費やした時間が必要なかった
  • 最初から弁護士基準の慰謝料を提示してもらえた

私の場合、特に苦痛だったのは保険会社の担当者とのやり取りです。
向こうは保険のプロなので言葉巧みに、なんなら少し専門用語も織り交ぜながらさっさと通院を終わらせようとしてきました。これに対応(対抗)するのが疲れます。

何度も弁護士を雇おうか考えたり、実際に交通事故トラブルに強い弁護士を調べたりもしましたが、やはり弁護士費用がネックになってなかなか依頼するまでに至りませんでした。
しかし、保険会社から提示された慰謝料を見て「やっとれん!」となって弁護士を雇うことになったのです。

こんなことならもっと早く雇っていればどれだけ楽だったか……と思いましたが後の祭り。
「弁護士特約にさえ入っていれば費用を気にせずさっさと依頼できて、精神的苦痛も感じずに済んだのに」と弁護士特約のありがたみを実感したため、保険の更新を待たずに自分が契約している任意保険会社へ連絡して特約だけすぐ付けたのはここだけの話です!

まとめ

弁護士特約は、「いる」という人も「いらない」という人もいますが、私の実体験から申し上げると付けておいたほうがよい特約といえます。

保険は、上手に使えば何かあったときに自分を守れる最強の盾となるものです。
弁護士特約を付けたからといって毎月の保険料が劇的に高くなるということもなく、大体100円~数百円程度アップするだけなので、「保険」として付けておいても損はないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました