廃車の買取店に迷ったらここで決まり!廃車による還付金についても徹底解説

車 廃車 事故車 役立つ豆知識

「廃車 買取」とネットで調べても多くの業者がヒットして、結局どこに依頼すればよいのか分からない方もいるのではないでしょうか。

巷にはさまざまな廃車買取店が存在するため、迷っても不思議ではありません。そこでこの記事では、特におすすめの廃車買取店の特徴をご紹介します。

お店別の特徴を知ることで、本当に自分に合った買取店が分かるだけでなく、満足できる取引につなげられるでしょう。

廃車の買取店が存在する理由

車の所有者が廃車だと思っていても、実はその車にまだ価値があることがあります。この価値を見出して値段をつけてくれるのが、廃車買取店です。

例えば、故障している車や動かない車、事故によって損傷している車でも、数万円~数十万円、高ければ100万円以上の値段がつくことは珍しくありません。

筆者である私自身、過去にベンツのゲレンデのフロント事故車を買い取ってもらったことがあるのですが、そのときは240万円の買取額を提示してもらいました。

買取額は車種や年式、走行距離などによって左右されますが、自分の判断でスクラップにしてしまうのはおすすめできません。

車本来の価値だけでなく、パーツに高い価値があるケースもあるので、まずは査定を依頼しましょう。

どこに依頼するのが正解?廃車の各買取店の特徴

廃車買取店は数多く存在しますが、一社ごとに特徴が異なります。自分の車に合わない買取店に査定を依頼しても、満足のいく買取額は提示してもらえません。

この項目では、買取店別に特徴をご説明し、査定を依頼したほうがよい車をご紹介します。

充実したサービスを受けたいなら「カーネクスト」

「カーネクスト」は、サービスが充実している廃車買取店です。車の売買や廃車をする際には煩わしい書類手続きも、自身で行う必要はありません。

「カーネクスト」の特徴は以下の通りです。

  • 手続きを無料で任せられる
  • 日本全国希望の場所まで無料で引き取りに来てもらえる(一部離島を除く、立ち合い不要)
  • 自動車税(種別割)の還付を買取額とは別で受け取れる
  • 買取額が0円ということは一切ない

廃車にはお金がかかると思っている方もいるかもしれませんが、「カーネクスト」は書類の手続きや引き取り費用など、一切お金がかかりません。

また、買取額0円以上を保証してくれるため、どのような車でも価値をつけてもらえます

次に、「カーネクスト」に査定を依頼したほうがよい車は以下の通りです。

  • 低年式車(15年以上前の車の買取実績あり)
  • 過走行車(15万km以上走行した車の買取実績あり)
  • 車検が切れて公道を走行できない車(レッカーを任せられる)
  • 故障車や不動車、事故車

査定は、フリーダイヤルの電話がWebフォームから申し込みます。

電話は365日年中無休で受け付けているので、思い立ったときにすぐに問い合わせることができます。

Webフォームであれば、20秒程度で入力が完了するため、時間がない方はまずWebフォームから問い合わせをするとよいでしょう。

査定額をすぐに知りたいなら「廃車本舗」

早く車の廃車手続きをしたい、すぐに査定額を知りたいという方には「廃車本舗」がおすすめです。

車の抹消手続きをしない限り自動車税を毎年納めなければならないので、特に還付を受けたい方や納税義務が発生する4月が近づいている場合は迅速な対応を希望しているのではないでしょうか。

「廃車本舗」の特徴は、以下の通りです。

  • 査定額は最短当日、遅くても翌営業日までに提示してもらえる
  • 車の引き取りから廃車手続き完了まで1週間程度でできる
  • 最短2日~3日で車を引き取ってもらえる

車を手放すときに、新たに別の車を購入する話を進めているケースや、すでに車を購入しており早く駐車場をあけたいなどさまざまな事情があるでしょう。

このようなときに査定額の提示が遅かったり、車の引き上げに長い時間を要したりしていては、ストレスを感じるかもしれません。「廃車本舗」はスピーディに査定~車の引き取りまで行ってくれるため、「遅い」と感じることはないでしょう。

続いて、「廃車本舗」に査定を依頼したほうがよい車は以下の通りです。

  • 事故車(大破していてもOK)
  • 車検が切れて公道を走行できない車
  • トラック(大型であれば自走できることが条件)
  • ボロボロの車

査定は、フリーダイヤルとWebフォームから受け付けています。

土・日・祝が休みで電話がつながらないので、まず問い合わせだけでもしておきたいという方は、Webフォームを利用しましょう。Webフォームは10秒で入力が完了する簡単仕様です。

廃車にすると戻ってくるお金とは?

廃車の買取に出すと、査定で提示してもらったお金を受け取れますが、この他にも廃車にすることで戻ってくるお金があることをご存じでしょうか。

お金は手続きをしないと戻ってこないものもあるので、この項目を読んでどのような還付制度があるのかぜひ参考にしてください。

還付通知書を待つだけ!自動車税

自動車税は、毎年4月1日時点の車の所有者に納税義務がある税金です。

還付を受けるには、いつ廃車にしたかがポイントとなります。

また、還付される金額は日割計算ではなく月割計算であるため、3月に廃車手続きが完了した場合には還付はありません。

還付を何か月分受けられるかは、以下の表を確認してください。

廃車手続き完了還付を受けられる月数
1月中2か月分
2月中1か月分
3月中0か月分
4月中11か月分
5月中10か月分
6月中9か月分
7月中8か月分
8月中7か月分
9月中6か月分
10月中5か月分
11月中4か月分
12月中3か月分

なお、軽自動車税には還付制度がないため、いつ廃車をしても還付は受けられません。

還付手続きの際は、どこかに廃車したことを報告する必要はなく、廃車にしてから1か月~2か月程度で自動的に還付通知書が届きます。

還付金を受け取るときは、通知書に記載されている金融機関へ本人確認ができるものと印鑑、送られてきた通知書を持っていきましょう。

車検の残存期間が1か月以上ある車を廃車にしたなら手続きを!自動車重量税

自動車重量税は、基本的に車検を受ける際に納める税金です。そのため、廃車にするタイミングによっては1年以上の未経過分があり、多くの還付金を受け取れるケースがあります

還付される金額は月割で計算するため、車検の残存期間が1か月以上でない場合は還付を受けられません。

還付金額は「納付した自動車重量税額 × 車検の残存期間 ÷ 車検の有効期間」で計算できます。

例として、車両重量2,500kg以下、エコカー対象外、初度登録から18年以上経過した車の税額である6万3,000円を自動車重量税として納めている場合の還付金額をご紹介します。

  • 納付した自動車重量税額:6万3,000円
  • 車検の残存期間:16か月(16か月10日残っていても、1か月に満たない部分は切り捨て)
  • 車検の有効期間:24か月(自家用車の継続検査を受けた場合は24か月であるため)
  • 計算式:(6万3,000円÷24か月) × 16か月 = 4万2,000円
  • 還付金額:4万2,000円

還付を受けるには、「解体届出書」か「永久抹消登録申請書」と一体となった還付申請書に必要事項を記載し、運輸支局などの窓口へ提出します。

廃車や買取を依頼するお店によっては還付手続きの代行を依頼できるところもあるので、事前に確認しておくとスムーズです。

連絡先は保険会社!自賠責保険

自賠責保険は、自動車税や重量税のような税金ではないため、保険料として保険会社に支払います。支払先は保険会社ですが、重量税と同じく車検時に支払うのが一般的です。

自賠責保険の還付も月割計算であるため、保険の残存期間が1か月以上残っていることが還付の条件です。

還付を受けるときは、加入している保険会社に連絡をします。保険会社によって還付手続きの方法が異なるため、きちんと確認しながら進めましょう。

連絡方法は電話がスムーズですが、Webフォームが用意されている保険会社もあるので、一度ホームページを確認しておいてはいかがでしょうか。

加入している保険会社によって対応が異なる!任意保険

任意保険は、自賠責保険と違って強制保険ではありません。しかし、車に乗っているほとんどの方が加入している保険です。

車を廃車にしたときに自賠責保険の還付制度はありますが、任意保険の還付については各保険会社によって扱いが大きく異なります。これは、還付金額の計算方法を保険会社が独自に設定しているためです。

保険の残存期間が5か月あったとしても、A社とB社で還付金額が異なるというケースは珍しくありません。いくら還付されるのかを知りたいときは、加入している保険会社に確認しましょう。

まとめ

車を廃車にするときは、しっかり買取店を見極めることが大切です。

低年式車に強いお店に高年式車の買取を依頼しても、満足いく査定額は提示してもらえません。自分の車にどの買取店が合うか、特徴を知ってお店選びをしましょう

廃車はお店選びが重要なポイントのひとつですが、あまりに長い間迷っていると受け取れる還付金が少なくなる可能性があります。

いつまでに廃車にするかを事前に決めてスケジュールを立てておくことで、思わぬ遅れが生じて還付金額が減ったという事態を避けられます。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました