古いハイエースがお金になる理由!廃車ではなく買取がおすすめの根拠

車の売買

ハイエースを所有している方の中には、走行距離が伸びたり車が古くなったなどの理由で手放すことを考えている方もいるのではないでしょうか。

トヨタが販売しているハイエースは、日本だけでなく海外からも高い需要があります。そのため、手放すときは廃車にするのではなく買取に出すことをおすすめします。廃車だと鉄代として1万円程度しか手元に残らないことも少なくありません。

そこでこの記事では、古いハイエースがお金になる理由を詳しく解説しつつ、高く買い取ってくれるお店をご紹介します。高い金額で売却することで、次の車の購入資金を増やすことが可能です。

古いハイエースが高く売れる理由

ハイエースは、年式が古くても過走行でも高く売ることができます。日本国内では低年式車や過走行車の需要は低いのが現状ですが、海外では高い需要があるためです。

この項目では、状態が良いとはいえないハイエースでも高く売れる理由をさらに詳しくご説明します。

ハイエース自体が値落ちしにくい車であるため

ハイエースは、トヨタが製造・販売している車です。トヨタとは日本の大手自動車メーカーであり、このメーカーが作る車は壊れにくい、丈夫という観点から日本だけでなく海外からも高い人気があります。

日本の道路は整備されている道がほとんどですが、海外の道路はまだまだ未舗装の道も多く、悪路を走行しても壊れにくい丈夫なハイエースは多くの国が欲しがっています。「需要が高い車=値落ちしない車」であるため、高く売ることができるのです。

商用車として使用する人が多いため

ハイエースの売却を検討している方の中には、仕事やサーフィン、釣りなどのアウトドアの趣味用として車を使用していた方もいるのではないでしょうか。

仕事で使用していた車は、ボディにへこみや傷があったり車内も状態が悪いことがあります。アウトドアの趣味用として使用していた車は、塩害による錆や腹下をこすっているかもしれません。このような車を所有している方は、どうせ売れないだろうと廃車を選択してしまいがちです。

しかし、ハイエースは商用車として使用する方が多い車であるため、ボロボロの状態でも高く売れます。廃車にしてしまう前に、一度査定を依頼して愛車にいくらの価値があるのか知りましょう。

廃車ではなく買取で現金を得よう!おすすめのハイエース買取専門店

ハイエースは高く売れる車であるため、手放す際は廃車ではなく買取を依頼することをおすすめします。また、買取を依頼するときにはハイエースに特化した専門店を選ぶことも重要です。

この項目では、ハイエースの買取に強い「ボロボロエースカウカウ」というお店についてご紹介します。

「ボロボロエースカウカウ」はハイエースの買取における顧客満足度第1位!

「ボロボロエースカウカウ」は、日本トレンドサーチが実施したイメージ調査で顧客満足度第1位を獲得しています(2020年11月の調査)。顧客満足度が高いということは、お店が優良店であることの裏付けとなります。

車を売却するときは書類の手続きやお金のやり取りなどがあるため、怪しいお店には任せられません。しかし、多くの方が満足しているお店なら、安心して買取を依頼できます。

他買取店よりも30万円の差額がつくことも!高価買取ができる理由

車を売却するときは、何よりも価格を重視する方が多いのではないでしょうか。「ボロボロエースカウカウ」は、他買取店と比べて30万円も高い金額がつくこともあり、高価買取を期待できます

なぜ「ボロボロエースカウカウ」が高値で買い取ってくれるかというと、中間マージンをカットできるお店であるためです。

通常、ハイエースのような輸出向けの車は、複数の中間業者を介して輸出業者の手に渡ります。この中間業者が多いほどコストがかかり、ハイエースの所有者に支払われるお金が少なくなります。

しかし、「ボロボロエースカウカウ」であれば複数の中間業者が入ることなく、そのまま輸出業者に車を引き渡せるため、中間マージンがかかりません。よって、ハイエースの所有者である売却した方の手元に、より多くのお金を支払うことができるという仕組みです。

どんなにボロボロな状態でも買い取ってくれるのが「ボロボロエースカウカウ」

名前に「ボロボロエースカウカウ」とあるように、どれだけ状態が悪くても車を買い取ってもらえます。例えば、一般的な買取店には敬遠されがちな以下のような状態でも買取を受け付けています。

  • 過走行車
  • 低年式車
  • 事故車
  • 故障車(タイヤが回らない場合は引き取りができないケースあり)
  • 車検が切れた車

ハイエースであれば、事故車や故障車であっても買い取ってもらえます。これは、ハイエースのパーツに価値があるためです。使えるパーツがあればそれだけで価値がつくため、買取につなげられます。

くるまクマ
くるまクマ

ボロボロエースカウカウにおけるハイエースの買取相場はこちらをご覧ください。

『【驚愕】10万キロ・20万キロ・30万キロ走行したハイエースの買取相場とは』

「ボロボロエースカウカウ」でハイエースの買取査定を依頼する方法

成約したときの握手

「ボロボロエースカウカウ」に買取査定を依頼する方法は、いたってシンプルです。余計な手間がかからないだけでなく、依頼者にストレスがかかりにくいシステムで査定を実施しています。

この項目では、「ボロボロエースカウカウ」に買取査定を依頼する流れをご紹介します。

電話やメールで概算査定額を出してもらう

まず電話かメール(Webフォーム)にて連絡をし、概算査定額を出してもらいます。なお、査定に費用が発生することはありません。

問い合わせの際には年式や型式を聞かれるので、あらかじめ車検証を手元に用意しておくとスムーズです。すでに廃車にしているハイエースを売却する方は、一時抹消登録証明書を用意しましょう。

また、走行距離も査定時に必要な情報であるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

写真査定

「ボロボロエースカウカウ」の査定は、車をお店に持ち込んだり担当者に直接車を見せたりする必要がありません。写真だけで査定額を提示してもらえます

また、査定額もファースト提示の段階で限界額を伝えてもらえるため、無駄な駆け引きをしなくて済みます。写真査定も無料なので、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

成約後、書類の手続き

査定額に納得し、成約したら書類の手続きに入ります。

まず「ボロボロエースカウカウ」から書類が郵送されてくるため、それに従って手続きを進めます。必要書類を返送すると、車両金額が振り込まれる流れです。代金は車を引き渡す前に振り込んでもらえるため、安心感があります。

車を引き渡す

最後に、陸送業者へ車を引き渡します。陸送に関しても業者を自分で手配する必要はなく、「ボロボロエースカウカウ」に任せられます。

なお、陸送の費用についても「ボロボロエースカウカウ」が負担してくれるため、費用はかかりません。ハイエースであれば、北海道から沖縄まで日本全国で買取を受け付けてもらえます。

成約から車の引き渡しまでは約1週間程度なので、駐車場を早く空けたい、早く持って行ってほしいという場合もスピーディに引き渡しまで完了させられるでしょう。

まとめ

ハイエースは、日本だけでなく海外からも高い人気があり、古くてもボロボロでも高値が付きやすい車です。高値が付く車を廃車に出すことは、お金を捨てることと言っても過言ではありません。車の本当の価値を知って、高く買い取ってもらいましょう。

古いハイエースやボロボロのハイエースの買取先は、「ボロボロエースカウカウ」がおすすめです。買取店の多くは販売も手掛けていますが、「ボロボロエースカウカウ」は買取のみを行っている買取専門店です。

買取専門店ならではの強みを生かした高額査定を期待でき、査定から成約、車の引き渡しまでの流れがスムーズで、買取初心者の方でも安心して依頼できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました