【驚愕】10万キロ・20万キロ・30万キロ走行したハイエースの買取相場とは

車の売買

一昔前は10万kmが車の寿命といわれていたこともありますが、最近の車は昔と比べて性能がよく、部品自体の丈夫さもあり長い走行距離を走れるようになりました。

ただ、走行自体に問題がなくても、過走行といわれるレベルの20万kmや30万km走行した車は価値があまり付きません。
しかし例外もあり、中でも「ハイエース」は20万kmや30万km以上走行していても値段が付くことがほとんどです

そこで今回は、10万km・20万km・30万km走行したハイエースの買取相場をハイエース買取専門店の「ボロボロエースカウカウ」からご紹介します(2022年1月~4月買取分)。
中には車の査定士である私もびっくりするくらいの高値が付いたものもあるので、ぜひ参考にしてください。

この記事で学べること
  • 10万キロ・20万キロ・30万キロ走行したハイエースの買取相場
  • 過走行のハイエースに高値が付く理由
  • 「ボロボロエースカウカウ」という業者の詳細

なぜ「ボロボロエースカウカウ」の買取相場を目安にするの?

今回「ボロボロエースカウカウ」の買取事例を参考に相場をご紹介する理由は、査定士である私が優良店であると思ったためです。

私は車の買取を年間約300台おこなっていますが、ボロボロエースカウカウの買取額は非常に高いといえます
また、サービスの質が高いという点も魅力です。

車を売る方は、「どうせ売るなら高いところがいい」「車の売却時に面倒な書類手続きを任せたい」「何に費用がかかるのか明朗会計がいい」とおっしゃることが多いのですが、ボロボロエースカウカウはこのすべてを満たしています。

これだけを見ると、「どのお店も満たしているのではないか」「特に書類手続きを任せられるのと明朗会計に関してはボロボロエースカウカウだけではないのではないか」と思うかもしれません。

確かにその通りなのですが、ボロボロエースカウカウの強みは以下のように他社にはない部分が多くあります。

  • ハイエース専門の買取店であること
  • 北海道から沖縄まで日本全国対応であること
  • 最初から限界値を提示してくれるため値段交渉の必要がない
  • どんなに古くても買い取ってくれる
  • どんなに走行距離が伸びていても買い取ってくれる
  • どんなにボロボロでも買い取ってくれる

私が一番魅力に感じたのは、ハイエース専門の買取店であって、買取専門業者であるという点です。
中古車販売店のように別のユーザーへの売却を目的とした買取をおこなっていないため、他社よりも提示額を高く設定することができるということです。

ハイエースに関しては、買取額・サービスともに高い水準であるのは今のところボロボロエースカウカウが一番だといえます。

10万キロ以上走行したハイエースの買取相場

走行距離10万kmというと、買取相場が下落するひとつの目安になります。
しかしハイエースは、10万kmを超えていても以下のように価値がしっかりとつく車です。

車種年式走行距離買取価格
ハイエースバンH1612万km27万円
ハイエースバンH2313万km52万5,000円
ハイエースバンH816万km20万円
レジアスワゴンH1316万km10万円
ハイエースバンH1218万km22万5,000円

走行距離が10万km台のハイエース(レジアス)の買取相場は、10万円~52万5,000円です。

H8年式の走行距離16万kmのハイエースが買取額20万円、H13年式の走行距離同じく16万kmのレジアスワゴンの買取額は10万円と、レジアスとハイエースでも金額は異なります。

20万キロ以上走行したハイエースの買取相場

20万kmも走行すると、レアな車や海外輸出向けではない普通の車では廃車にするしか選択肢がなくなることが多くなります。
しかしハイエースには、以下のようにまだまだ価値があります。

車種年式走行距離買取価格
ハイエースバンH820万km22万5,000円
ハイエースバンH1221万km37万5,000円
ハイエースバンH1321万km33万5,000円
ハイエースバンH2621万km52万5,000円
ハイエースバンH822万km27万5,000円
ハイエースバンH1124万km27万5,000円
ハイエースバンH1124万km37万5,000円
ハイエースバンH2125万km25万円
ハイエースバンH1326万km12万5,000円
ハイエースバンH1626万km25万円
ハイエースバンH1228万km27万5,000円
ハイエースバンH1129万km25万円

走行距離20万km台のハイエースの買取相場は、12万5,000円~52万5,000円です。

H13年式で走行距離26万kmのハイエースを除いて、すべてが22万円以上の価値が付いています。
高年式の車であれば当然ですが、H8年式で27万5,000円、H11年式で37万5,000円という買取額は普通の中古車買取店では付けられない価格です

30万キロ以上走行したハイエースの買取相場

いよいよ普通の車であれば部品の価値すらなくなる30万km超えの過走行車ですが、ハイエースにはまだまだ現金化できる価値が残っています。

車種年式走行距離買取価格
ハイエースバンH1830万km28万円
ハイエースバンH1832万km21万円
ハイエースバンH1634万km37万5,000円
ハイエースバンH1436万km22万5,000円

走行距離30万km台のハイエースの買取相場は、21万円~37万5,000円です。

ディーラーの下取りを依頼したり中古車販売店へ引き取りをお願いしたりすると、お金をもらうどころか逆に処分費用を請求されることがあります。

しかし然るべき場所へ買取を依頼することで、しっかりと車を現金化することが可能です。

40万キロ以上走行したハイエースの買取額

ボロボロエースカウカウでは、40万km以上走行したハイエースの買取実績もあります。

例えば、H21年式走行距離41万kmのハイエースバンは32万5,000円、20年式45万kmのハイエースワゴンは38万円と、高額で買取られています。

このように、ハイエースについては走行距離が伸びていても高値で買い取ってもらえる可能性が非常に高く、廃車や下取りに出してしまうのはもったいないです。

過走行車でもボロボロでもハイエースに高い値段が付く理由

高い金額で車を買い取ってくれるのはうれしいけど、ボロボロエースカウカウはなんで他社よりもそんなに高値を付けられるの?なんか裏があるのでは?

くるまクマ
くるまクマ

確かに他社よりもはるかに高い金額を提示されると、うれしい反面怪しむ気持ちも出てきてしまいますよね。

ボロボロエースカウカウが高値を付けられる理由は、輸出向けのハイエースをダイレクトに輸出業者へ引き渡すことができるためです。

ディーラーや中古車販売店だとダイレクトに引き渡すルートがなく、多くの中間マージンがかかるため低い買取金額となります。

なら全部の車をボロボロエースカウカウに買い取ってもらったほうがいいの?

くるまクマ
くるまクマ

いいえ、正直にお伝えするとそうとはいえません。

ボロボロエースカウカウが得意なのはあくまでもハイエースであって、その他の車種についてはあまり高値を期待できません。

じゃあ車を売るときは売却先をよく見極めることが大切ということですね!

くるまクマ
くるまクマ

そのとおりです!

車は売却先によって数万円~数十万円買取金額が変わってくるものですので、損をしないようしっかりと自分の車に合うところへ売りましょう。

まとめ

ハイエースは、20万kmや30万km以上走行していても高値が期待できる車です。
そのため、もし売却をするのならきちんと価値を知っている業者へ売らなければ損をしてしまいます。

ボロボロエースカウカウはハイエースは専門の買取店であり、輸出業者へのダイレクトルートを有しているため、高い金額で買い取ってもらえるでしょう。
サービスについても申し分ないため、ハイエースの売却をお考えの方は一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました