事故車ってどんな車?事故車の基準や高く売る方法について解説

役立つ豆知識

事故車とは、単に事故歴のある車を指すものではありません。

事故車と判断される基準をきちんと知ることで、売却時に車を安く値切られたり、購入時に変な車をつかませられたりするリスクを軽減できます

そこで今回は、事故車とはどのような車なのかを詳しく解説しつつ、事故車を高く売る方法についてご説明します。

事故車=修復歴のある車

事故車とは、修復歴のある車を指します。

基本的に修復歴アリと判断されるのは、車の骨格部分を修理したときです。また、修理していない状態(事故現状車)でも骨格部分に損傷があれば修復歴アリとなります。

「事故車=事故歴のある車」ではなく、「事故車=修復歴のある車」です。

事故車=事故歴のある車ではない!ケース別に見てみよう

事故車は事故歴とは無関係であることはご理解いただいたと思いますが、どのようなケースだと事故車に該当しないのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの項目では、事故車とならないケースを詳しくご紹介します。

バンパーの修理や交換

バンパーは車の前後に取り付けられているパーツです。

バンパーは車の骨格部分ではないため、修理や交換をしていても修復歴アリとはなりません。

また、バンパーがどれだけ割れていても修復歴には関係しないため、売却前に修理するか迷っている方は、修理した際の費用と修理しないまま買取に出す際の査定額を比べてどちらがお得か判断しましょう

ドアの修理や交換

ドアはバンパーと同様に傷がつきやすいパーツです。

狭い道でガードレールと接触してしまったり、突風で勢いよくドアが開いてしまったりしてぶつけてしまったという経験がある方もいるでしょう。

傷がつきやすいドアですが、こちらも修理や交換をしても修復歴アリとは判断されません。

その他修復歴アリとならないパーツ一覧

修復歴アリとならないパーツは、バンパーやドアだけではありません。

以下に一覧をご用意しましたので、ぜひ参考にしてください。

  • ロアスカート
  • フェンダー
  • サイドシルパネル
  • トランクリッド など

事故車の基準!修復歴アリとなるパーツ

ここからは、事故車の基準となる修復歴アリと判断されるパーツをご紹介します。

修復歴アリと判断されるのは、車の骨格部分を損傷・修理した場合で、以下の通りです。

  • サイドメンバー
  • クロスメンバー
  • トランクフロア
  • フロントピラー(Aピラー)
  • センターピラー(Bピラー)
  • リヤピラー(Cピラー)
  • フロントインサイドパネル
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロアパネル
  • フロアサイドパネル
  • トランクフロア
  • ラジエーターコアサポート(交換した場合)

上記のパーツを損傷・修理した場合でも、車の構造によっては修復歴アリとならないケースがあります。

また、損傷の程度が極めて軽ければ修復歴アリと判断されないこともあるため、詳しく知りたいときは車の修復歴をチェックできるプロに査定を依頼しましょう。

水没車や火災車は事故車(修復歴車)とは異なる扱いとなることに注意!

災害などが理由で車が水に浸かってしまったり、火災に巻き込まれたりすることがあります。この場合、事故車とは異なる扱い方をするのが一般的です。

水に浸かった車は水没車(冠水車)、火災に遭った車は火災車と呼ばれますが、市場では事故車よりも敬遠される傾向にあります

昨今の車は電子制御に頼っているため水に弱い特徴があり、電子制御部分まで水が入り込むと修理費用が莫大になるだけでなく、修理後も何かしら不具合が起こる可能性が高いためです。

また、車が火災に遭うと、車内・車外問わず消火するための粉を消火器からまいたり水をかけたりするため、悲惨な状態になります。

一度燃えたパーツは元に戻ることはなく、ただでさえ水に弱い車に高圧で水をかけて消火にあたるため、火災車は事故車よりも安く取引されます。車の状態によっては値段が全然つかないというケースもあります。

事故車(修復歴車)でも高値で買い取ってもらうためには?

事故車であっても、ポイントを知ることによって高値で売却することができます。

この項目では、高く売るためにできることをご説明するので、参考にして実践してみてください。

多少の手間がかかることもありますが、隙間時間でできることなので、少しでも多い現金をゲットするために頑張りましょう!

方法1.買取を事故車専門店に依頼する

一般的な中古車買取店に事故車の買取依頼をしても、高い査定額を提示してもらえるケースは稀です。

餅は餅屋というように、事故車であれば事故車専門店に買取依頼をすることが高額査定につながります。

少しでも高い金額を提示してもらうためには、相見積もりの手間はかけたほうがベターです。

1社ずつ査定を申し込むのは効率的ではないため、査定時は複数社に一度で申し込みができる一括査定を活用しましょう。

方法2.修理をせず事故現状車のまま買取を依頼する

事故車は修理をしてから査定に出したほうが、高い金額を提示してもらえます。しかし、修理費用が高額になる際は、事故現状車のまま買取を依頼したほうがお得になるケースがあります。

また、修理費用が高額になるような損傷の場合、たとえ修理をして中古車という状態になっても車は「修復歴のある車」です。オークション用語で「R点」というものがあり、これに該当します。

R点が入ってしまった(修復歴車と判断されてしまった)車は中古車としての価値が低くなるため、どれだけきれいに修理をしても平均相場以下の査定額を提示されるでしょう。

上記のような理由から、事故現状車のまま買取を依頼したほうが結果的にお得になることがあります。

むやみに修理をするのではなく、まずは現状車での価値を査定士に出してもらうことをおすすめします。

方法3.事故車であることはバレる!申告義務違反とならないよう正直に申告する

過去に事故車(修復歴車)となりその車を手放すときは、事故車であることをきちんと伝えなければなりません。

申告しないまま査定に出し事故車であることがバレると、査定士からの信用を失ってしまいます。高額査定を引き出すためには担当者との駆け引きも重要となってくるため、信用を失うことは避けるべき事態です。

また、事故車であることを故意に伝えないまま契約をし、後々バレると最悪の場合訴えられる可能性があります。

黙っていてもデメリットとリスクしかないため、どれだけきれいに修理した車でも申告を怠らないようにしましょう。

くるまクマ
くるまクマ

買取店や還付金について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

『廃車の買取店に迷ったらここで決まり!廃車による還付金についても徹底解説』

まとめ

車を運転している限り、事故を100%避けることは不可能です。たった10秒車を走らせるだけでも事故に遭う可能性はあり、駐車場に車を停める動きをするだけでもドアやバンパーをこすってしまうかもしれません。

しかし、事故車になったからといって車が高く売れないわけではないのです。

事故車専門店に買取を依頼したり相見積もりを取ったりするなど、多少の手間をかけることで高額売却はできます。手間を惜しまず、少しでも高く売れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました