【保存版】徳島県で車のお祓いができる神社・お寺一覧|交通安全のご祈祷ができる場所

役立つ豆知識

車を購入したときや交通トラブルが続くときは、車のお祓いや交通安全のご祈祷を受けて災難に遭わないよう祈願してもらいましょう。

この記事では、徳島県で車のお祓いができる神社やお寺を網羅してご紹介しています。
以下の情報も載せているので、併せてチェックしておくとお祓いの当日もスムーズに進むでしょう。

  • 住所
  • 電話番号
  • 祈祷料
  • 受付時間
  • 予約が必要か
  • 授与品
  • 駐車場の有無
  • 公式サイトURL
くるまクマ
くるまクマ

車のお祓いに行く際はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

『車のお祓いにベストな日柄|料金相場やのし袋の必要性、服装のマナーについても紹介』

美馬市で車のお祓いをしたい方

美馬市ってどんな街?

美馬市の「うだつの町並み」は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
この町並みは「美しい日本の歴史風土100選」にも選ばれており、日本の美しく残った過去を感じることができると観光客に人気のスポットです。
また、美馬市には郵便番号777で始まる地区があり、縁起のよい街としても知られています。

西照神社(にしてるじんじゃ)

西照神社のお守りは、ダイヤモンド社の神社特集雑誌に掲載されたことがあります。
通称「月神の石」といわれるお守りで、願いごとが叶うといわれているようです。

なお、西照神社で車のお祓いをする際は、前もってフォームから申し込みをしなければなりません。
下記リストの「車のお祓いに関するページはこちら」から申し込みフォームへ飛べますので、よろしければご活用ください。

阿波市で車のお祓いをしたい方

阿波市ってどんな街?

阿波市には、「たらいうどん」という郷土料理があります。
うどんがたらいのような木製の大きな飯盆に入っており、つけ汁をつけて食べるものです。
国道318号線の清流沿いにはたらいうどんを提供する飲食店がたくさんあり、どこに入るか悩んでしまうほどです。

社乃森(やしろのもり)

社乃森では、ご祈祷を受ける側も平安装束の着付けをしてもらうことができます。
いつもとは違った出で立ちでご祈祷をしてもらうと、より一層気が引き締まるでしょう。

なお、着付けを依頼してもしなくても、予約が必要なのは変わりありません。

鳴門市で車のお祓いをしたい方

鳴門市ってどんな街?

鳴門市は鳴門海峡の西側に位置し、兵庫県方面に通ずる四国の玄関口です。
また、鳴門の渦潮は日本だけでなく世界にも広く知られており、世界三大潮流のひとつとされています。
市内には陸から渦潮を見ることができる「大鳴門橋遊歩道」や、汽船に乗って海へ出て渦潮を見学できるツアーがあります。

大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)

大麻比古神社で車のお祓いをするときは、まず駐車場に車を停めてから受け付けをする流れです。
受付場所では名前や住所などを伝え、拝殿でご祈祷をしてもらった後に車のお祓いをします。

予約は不要ですので、好きなタイミングでお祓いに行くことができます。

極楽寺(ごくらくじ)

極楽寺では、1組ずつご祈祷をおこなっているため要予約となっています。
日時を決めたら電話で申し込みをしておきましょう。
当日の受付場所は、団体納経所です。

観音寺(かんのんじ)

観音寺では、交通安全の護摩祈祷をおこなっています。
ご祈祷は毎月17日の16時開始です。
当日は混雑するため、事前に公式サイトから申込書をダウンロードし、記入しておきましょう。

なお、お願いごとは交通安全のほか、家内安全・病気平癒・安産成就・商売繁昌・心身堅固・やくよけ成就・入試合格・その他の中から2つ選ぶことができます。

徳島市で車のお祓いをしたい方

徳島市ってどんな街?

徳島県の県庁所在地で県内最大の都市である徳島市は、阿波おどりが全国的に有名です。
阿波おどり自体は県内各地で開催されていますが、徳島市の阿波おどりは最大規模を誇ります。
また、グルメは徳島ラーメンが人気を集めており、市内だけでも100店舗以上のお店があります。

津田八幡神社(つだはちまんじんじゃ)

津田八幡神社でのご祈祷は、9時~16時が受付時間となっています。
しかし、受付時間内に都合がつかない方は相談すると時間外でも対応してもらえるようですので、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。
なお、電話の対応時間は8時~20時です。

安住寺(あんじゅうじ)

安住寺で交通安全のご祈祷をしてもらう際は、事前に電話かメールにて申し込みをします。
当日になったら寺務所にて受け付けを済まし、本堂でご祈祷をしてもらう流れです。

小松島市で車のお祓いをしたい方

小松島市ってどんな街?

小松島市は農業や漁業、工業など地形を活かした産業を活発におこなっている街です。
また、阿波花火発祥の地は小松島市といわれており、小松島港まつりで打ち上がる花火を見物しに毎年多くの観光客が訪れます。
例年の人手は10万人を超え、その人気度がうかがえるでしょう。

立江寺(たつえじ)

立江寺には駐車場がありますが、乗用車は1回300円、バスなどの大型車両は1回1,000円かかります。
また、「道幅が狭いため、大型車両は注意してください」との記載が公式サイトにありましたので、気をつけましょう。

日峰神社(ひのみねじんじゃ)

日峰神社は、蟹を神様の使いとして崇めている神社です。
信者の中には蟹を一切口にしない方もいるようです。

車のお祓いに関しては、交通安全のご祈祷をおこなっている記載はありましたが、その詳細については公式サイトに書かれていませんでした。
そのため、祈祷料や時間など気になることがあれば直接社務所へ電話することをおすすめします。

阿南市で車のお祓いをしたい方

阿南市ってどんな街?

阿南市にある大谷山山頂には、交通安全を願う像として建立された高さ8mの「たちばな観音」があります。
阿南市で車のお祓いをした際は大谷山山頂へ立ち寄って、たちばな観音様に無事故のお願いをしてはいかがでしょうか。

津峯神社(つのみねじんじゃ)

津峯神社は9時~16時の間は年中無休でご祈祷をおこなっています。
30分間隔でご祈祷をしているため、どの時間に行っても長く待たされるということはないでしょう。

なお、神社は津峯山の山頂に鎮座しているので、駐車場からは300段程の石段かリフトを使って上がる必要があります。

明現神社(みょうけんじんじゃ)

明現神社で交通安全のご祈祷を受ける際は、事前に宮司と日程の調整をしなければなりません。
電話番号は以下のリストのものか、直接宮司携帯(090-7572-8534)にかけても申し込めます。

タイトルとURLをコピーしました