車を修理するのに安いのはディーラー?ガソリンスタンド?整備工場?目的別おすすめ業者も紹介

お得情報

本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます

車の修理を依頼できる業者は、ディーラーやガソリンスタンド、整備工場、カー用品店など複数あります。

多くの選択肢があるからこそ、どこに依頼すればよいのか迷うという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、車の修理を依頼するときにおすすめの業者を目的別にご紹介します。

安さを重視するか、安心感を重視するかなどによって、依頼するべき業者は異なります。記事を参考に、自分に合う車の修理先を選んでみてください。

車の修理を依頼できる業者は?それぞれの特徴やメリット、デメリットを知ろう

車の修理を依頼するときには、まず業者ごとの特徴を知っておかなければなりません。自分が修理時に求める目的を満たしていない業者に依頼してしまうと、後悔する可能性があるためです。

この項目では、車の修理を依頼できるディーラー・ガソリンスタンド・整備工場・カー用品店それぞれの特徴や、その業者に依頼するメリット・デメリットをご説明します。

ディーラーに依頼するメリット・デメリット

ディーラーは、自動車メーカーと契約をしているため、そのメーカーの車に特化しているのが特徴です。

例えば、クラウンやヴォクシーであればトヨタへ、セレナやデイズであれば日産、CX-5やデミオであればマツダというように、自分の乗っている車種によって行くべきディーラーが異なります。

車の修理をディーラーに依頼するメリットは、安心感があることです。

ディーラーの整備や修理は完全にマニュアル化されており、どこの店舗に依頼しても技術の差が出にくいといえます。

反対に、デメリットとしては費用が高くなる傾向にあることです。

修理時に部品交換が必要となった際は、基本的に純正部品を使用するため、社外品の安い部品を使えません。また、工賃も高めの設定であることが一般的です。

ガソリンスタンドに依頼するメリット・デメリット

ガソリンスタンドは、日本全国のどこにでもあり、気軽に立ち寄れるのがメリットです。出先で急に車の調子が悪くなったときでも、すぐに駆け込みやすいのも魅力です。

しかし、ガソリンスタンドの主な業務はガソリンの販売や給油であるため、整備や修理に力を入れているわけではありません。技術面に不安が残るのはデメリットといえるでしょう。

整備工場に依頼するメリット・デメリット

整備工場は、顔なじみでないと入りにくいという方もいるかもしれません。しかしどこの整備工場でも、特別なスポーツカーやよほどの高級車でない限り、一見さんお断りというところはないでしょう。

整備工場は整備や修理に特化しているため、難しい修理内容でも受け付けてもらえることがほとんどです。他の業者に断られたときの相談先としてもおすすめできるのは、他の業者にはないメリットといえます。

しかし、整備工場はそこで働いている整備士の腕によって技術の差が出ます。腕の良い整備士がいればよいのですが、中にはそうでない人もいるのが現実です。

依頼前に、今までどのような修理実績があるのか、自分が依頼する予定の修理内容は行った経験があるのかなどを聞いて判断することで、デメリットをカバーできます。

カー用品店に依頼するメリット・デメリット

オートバックスやジェームスなどのカー用品店でも、車の修理を依頼できます。

カー用品店に依頼するメリットは、修理をしてもらっている間も店内の商品を見て回ったり、待合用の椅子に座って雑誌を読んだりしながら暇をつぶしつつ待てることです。

車好きな方にとっては、さまざまなカー用品を見ながら同時に車の修理を進められるというのは、メリットといえるのではないでしょうか。

しかし、カー用品店での整備や修理は、難しい内容は受け付けてもらえないことがあります。

カー用品店はパーツの取り付けには特化していますが、車を根本的に修理するということは不得意な傾向にあるためです。

自分が依頼する予定の修理が難しいのか分からないときは、一度店舗へ行ってスタッフに対応可能か確認しましょう。

車の修理を早く終わらせたい!急いでいる人におすすめの依頼先

車を日常的に使う方や、修理に時間をあまりかけられないという方におすすめの依頼先は、ガソリンスタンド・整備工場・カー用品店です。

修理にかかる日数は内容にもよりますが、依頼した当日に完了するケースもあります。

整備工場であれば、車を自宅や勤務先など自分の好きな場所へ引き取りや納車をしてもらうことができるところもあり、便利です。

ディーラーは、基本的に混雑しているため、即日対応してもらえないケースが多いといえます。運良く依頼日に対応してもらえたとしても、待ち時間が長くなる可能性があります。

車の修理は質重視!時間がかかっても純正部品を使用して修理したい人におすすめの依頼先

時間や費用は気にしないため、とにかく質を重視したいという方はディーラーに依頼するのがおすすめです。

ディーラーであれば部品交換が必要となったときに純正部品を使用するため、安心感があります。もし後になって部品に欠陥が見つかったとしても、メーカーがきちんと対応してくれるのも安心感を得られる理由でしょう。

整備工場などでも純正部品を使用しての修理は可能です。しかし、部品を取り寄せるために時間がかかるときがあるため、在庫としてある程度の部品数をそろえているディーラーに軍配が上がります。

車の修理はついででしたい!生活シーンで活用しやすい依頼先

わざわざ車の修理のためだけに業者へ行きたくないという方におすすめの依頼先は、カー用品店やガソリンスタンドです。

カー用品店ならタイヤや洗車グッズなど多くの商品を扱っているため、買い物のついでに修理を依頼できます。

ガソリンスタンドであれば給油のついでに修理の相談ができ、簡単な作業であればそのまま作業をしてもらえることがあります。

ただし、どちらの業者も事前に予約が必要な店舗もあるため、あらかじめ確認しておくとスムーズです。

車の修理は相談しながら進めたい!関係性を作っておくと今後も便利な依頼先

車を大切にしている方や、費用を含めきちんと相談をしながら進めたいという方は、整備工場に依頼するのがおすすめです。

整備工場は、ディーラーのように不特定多数のお客が出入りする営業方針というよりも、一人ひとりのお客と長く深く付き合っていく傾向にあります。

関係性を築いておくと、何かあったときに気軽に相談できたり、他の業者にはないサービスを受けたりしやすいのも整備工場の魅力です。

ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店と比べると、整備工場は個人事業主がお店を構えていることが多く、サービスの自由度が高いといえます。

どうしても企業や会社という立ち位置だと、社内マニュアルが存在してあまり自由がききません。お客の要望を叶えてくれやすいのは、整備工場です。

車の修理費用が安いのはどこ?整備・鈑金・日常点検別に紹介

車の修理を依頼すると、ときに数万円以上かかることがあります。故障は突然起こるものもあり、急な出費に対して対応できないという方もいるでしょう。

そこでこの項目では、車の修理費用が安い業者を整備・鈑金・日常点検別にご紹介します。

整備を依頼するならココ

車の整備を依頼するなら、整備工場がよいでしょう。整備工場は車の整備を得意としており、経験も豊富にあります。

費用はディーラーと比べると安いため、出費を抑えたいという方に向いています。

また、修理時に部品交換が必要となっても、社外部品やリビルト品を積極的に取り入れてほしいと伝えれば、さらに費用を抑えられます

鈑金を依頼するならココ

車に傷やへこみができて、鈑金が必要となったときに修理費用を抑えやすい依頼先は、ガソリンスタンドです。

費用は業者によってさまざまですが、手のひらサイズの鈑金なら1万円~1万5,000円程度で引き受けてくれるところもあります。

ガソリンスタンドの鈑金は安いといえますが、大がかりな作業になるときは鈑金も行っている整備工場や鈑金工場に依頼しましょう。

ガソリンスタンドで対応しきれない鈑金作業を依頼してしまうと、ガソリンスタンドが他の業者に外注に出すことがあり、仲介手数料を請求されるかもしれません。

費用が高いと感じたときや、ガソリンスタンドで対応してもらえるのか不明な場合は、見積もりを取る時点でしっかり確認しておくことが大切です。

点検を依頼するならココ

車の点検を依頼するなら、ディーラーやカー用品店がおすすめです。

ディーラーで車を買った方は、購入時のパックに点検が含まれていることがあります。どのような契約内容だったか忘れた方は電話で問い合わせをすれば、教えてもらえるでしょう。

また、カー用品店でも車の点検をしており、費用は安い傾向にあります。

点検後に整備や修理が必要となったときに、作業は他の業者に依頼したいという場合は、その旨を伝えれば点検だけの費用を支払うだけで問題ありません。

車の修理を依頼する業者別の注意点まとめ

車の修理を受け付けている業者は多く、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。そのため、いまいちまだ業者ごとの注意点が分からないという方もいるでしょう。

どの業者もメリットはそれぞれありますが、ここではメリットに触れずに注意点のみに焦点を当てて詳しく解説します。

ディーラーは費用が高くなるかもしれない

ディーラーに車の修理を依頼する最大のデメリットは、費用が高くなりやすいことです。万全のサービスを受けられるとしても、他の業者と比べると高いと感じてしまうでしょう。

また、一昔前はディーラーの整備や修理が一流で、整備工場は二流、ガソリンスタンドやカー用品店なんてもってのほかという風潮がありました。

しかし現在は、どこの業者も技術力を向上しており、特に整備工場は修理が得意分野です。

高い費用を払っているのに技術が他と変わらないのであれば、ディーラーに依頼する必要はないと判断される方もいるかもしれません。

ガソリンスタンドは修理内容によっては対応できないものもある

修理内容が専門的であったり、難しかったりする場合、ガソリンスタンドでは修理を断られるケースがあります。

整備士が勤務しているガソリンスタンドでも、車を修理するための設備はディーラーや整備工場と比較すると整っていません。

無理に修理を依頼しても、ガソリンスタンドが付き合いのある整備工場などへ修理に出すだけなので、時間も費用も余計にかかってしまいます。

整備工場はお店によって技術に差が出やすい

整備工場に修理を依頼した場合、どの整備士が作業をしてくれるかがポイントとなります。

経験豊富なベテランが作業してくれれば安心ですが、経験が未熟な整備士や、整備士の卵が作業をするかもしれません。

また、どの整備工場に修理を依頼するかによっても技術の差は出ます。その業者が得意とする修理内容ならよいのですが、そうでなければ不安が残るでしょう。

例えば、フロントガラス交換が必要となったときに、多くの車種で交換経験があれば作業はスムーズに進みます。しかしガラス交換は普段行っておらず、年に1度か2度依頼があるかどうかという工場では、仕上がりにも差が出るでしょう。

カー用品店は技術面・対応範囲に気をつける

カー用品店の主な業務は、カー用品の販売や取り付けです。ディーラーや整備工場のように、専門的な車の修理作業に精通しているわけではありません。

整備士が在籍しているカー用品店も多くありますが、技術面はあまり期待しないほうが無難でしょう。

修理の対応範囲も広いというわけではないため、作業内容によっては依頼先として候補に挙がらないかもしれません。

結局車の修理はどこに依頼するのがベスト?注意点から紐解いてみよう

業者別の注意点がはっきりしたところで、どこに依頼すれば満足できるのかを注意点から紐解き見ていきましょう。

作業内容別のおすすめ依頼先

依頼したい作業内容によって、おすすめの依頼先は異なります。

以下の表を参考に、自分が依頼する予定の修理がどこの業者に当てはまるか確認してみてください。

ディーラーガソリンスタンド整備工場カー用品店
難しい整備・修理
点検
鈑金
カー用品の取り付け

目的別のおすすめ依頼先

修理時に求めるものが何かによっても、おすすめの依頼先は異なります。

以下の表は、目的別のおすすめ依頼先一覧です。

ディーラーガソリンスタンド整備工場カー用品店
費用を抑えたい
時間をかけたくない
質が大切
相談しながら進めたい
何かのついでに作業をしてほしい

まとめ

車の修理は、ディーラーやガソリンスタンド、整備工場、カー用品店へ依頼できます。

質重視ならディーラー、相談しながら進めやすいのは整備工場、用事のついでに作業を依頼できるのはガソリンスタンドやカー用品店など、それぞれの業者に特徴があります。

自分が修理時に求めるものによっておすすめの依頼先は異なるため、記事を参考に満足できそうな業者をぜひ探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました