令和4年5月13日積載制限緩和!道路交通法の法改正で幅・長さ・積載方法の何がどう変わるか解説

交通違反

道路を走行しているときに「荷台の荷物がグラグラしていて落ちてこないか心配だった」「荷台から後ろへ飛び出すように荷物が突出していて怖かった」という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。荷物を運んでくれているから我々の生活が成り立っていることは分かっていても、このように恐怖を感じる積載方法をしているケースも少なくありません。

そこでこの項目では、令和4年5月13日に法改正が施行される「積載制限」について詳しく解説していきます。どのような制限なのか、どうしても制限内に収められない荷物を運ぶにはどうすればよいのかというポイントもご説明するので、ぜひ参考にしてください。

今までの積載制限

道路交通法の法改正によって何が変わるのかを理解するために、まずは現在施行されている積載制限について見ていきましょう。

改正前:積載物の大きさの制限

積載物の大きさは、以下のように制限されています。

  • 長さ:自動車の長さに、その長さの10分の1の長さを加えたもの
  • 幅:自動車の幅

改正前:積載方法の制限

道路交通法では、積載物の大きさだけでなく荷物の積み方も以下のように制限しています。

  • 長さ:自動車の車体の前後から自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出さないこと
  • 幅:自動車の車体の左右からはみ出さないこと

令和4年5月13日からの積載制限

道路交通法が改正され、令和4年5月13日に積載制限が緩和されます。今までは長さは車体の長さの10分の1しかはみ出しが禁止されていましたが、改正によってどのように変わるのかこの項目で解説します。

改正後:積載物の大きさの制限

改正後の積載物の大きさは、以下のように制限されるようになります。

  • 長さ:自動車の長さにその長さの10分の2の長さを加えたもの
  • 幅:自動車の幅にその幅の10分の2の幅を加えたもの
出典:警察庁ウェブサイトより作成

改正前は長さは10分の1であったのに対し、改正後は10分の2まで長くなります。さらに、幅は自動車の幅を超えてはならなかったのが、10分の2の幅までは許されるようになりました。今回の改正によって、より大きな物を運べるようになったということです。

改正後:積載方法の制限

今回の政令は、積載方法についても以下のように改正が施行されます。

  • 長さ:自動車の車体の前後から自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出さないこと
  • 幅:自動車の車体の左右から自動車の幅の10分の1を超えてはみ出さないこと
出典:警察庁ウェブサイトより作成

積載方法については、長さの項目は変わらず改正前と同じ条件です。幅は自動車の幅の10分の1までは超えてもよいと改正されます。

気をつけたいのは、前後でも左右でもどちらかに偏った状態で荷物を載せないことです。バランスも悪くなり危険ですので、注意しましょう。

道路交通法改正後も変わらない積載制限の条件

長さや幅に関しては今回の道路交通法改正で制限緩和がされましたが、改正後も変わらない条件があります。以下にそのすべてを記載しますので、今一度確認し、安全意識を高めましょう。

  • 荷台や座席以外に荷物を積んではいけない
  • 定められた積載の制限を超えて荷物を積んではいけない
  • 運転の妨げになるような荷物の積み方をしてはいけない
  • 自動車の安定感が失われるような荷物の積み方をしてはいけない
  • ナンバープレートや方向指示器、ブレーキ灯などが見えにくくなるような積み方をしてはいけない
  • 荷物の転落防止措置をロープやシートなどを使ってしなければならない

高さの制限にも注意

積載制限は長さや幅が気になりがちですが、高さについてもしっかりと基準が定められています。基準は自動車によって以下のように異なります。

  • 軽自動車や三輪車:2.5m以下
  • 上記以外の車両:3.8m以下

ただし、公安委員会が認めた場合は高さ4.1mまで荷物を積むことが可能です。

どうしても荷物がはみ出してしまう場合は?

荷物によってはどうしても自動車からはみ出してしまうこともあるでしょう。だからといってさらに大きな車両を用意するのは簡単ではありません。

そこでこの項目では、荷物がどうしてもはみ出してしまう場合、誰にどのような申請をすればよいのか対処法をご説明します。

制限外積載許可の申請をおこなう

どうしても荷物がはみ出してしまう場合は、出発地を管轄する警察署の交通課で「制限外積載許可」の申請をおこないます。この申請は、車両の運転者本人がしなければなりません。

基本的に申請は直接警察署へ行っておこないますが、出発地が遠方で行くことができない場合に限り、郵送での対応をしてもらえることがあります。警察署へ行けない場合は、一度電話連絡をして行けない理由と郵送対応の可否を聞きましょう。

また、定型的・反復継続に申請する場合はオンラインでの申請も受け付けてもらえます。オンライン申請を希望する場合は「警察行政手続サイト」を利用しましょう。

制限外積載許可の必要書類

制限外積載許可を申請するにあたり、必要な書類は以下のとおりです。

  • 制限外積載許可申請書
  • 運転経路図
  • 積載方法の概略図
  • 運転者の運転免許証
  • 申請に係る自動車の自動車検査証
  • 通行許可証(必要な場合)

制限外積載許可申請書は、警察のホームページからもダウンロードできますが、警察署でも無料でもらえます。また、通行許可証は道路管理者の許可が必要な道を走行するときのみ提出する書類です。

なお、申請にかかる費用は無料です。

制限外積載の許可が下りないケース

申請をすればどのような荷物でも運べるというわけではありません。許可が下りるのは、電柱やポールなど分割や伸縮ができない荷物を積む場合です。

手間がかかっても分割や伸縮ができる荷物の場合は許可が下りないため、申請しないようにしましょう。

積載物がはみ出した場合は赤旗を付けるの?

赤旗を付ける必要があるのは、積載制限を超えた荷物を運ぶときです。そのため、荷物が自動車からはみ出していても、積載制限内に収まっているのであれば赤旗を付ける必要はありません。

また、赤旗にも条件があり、昼間であれば30cm四方以上の赤色の布、夜間であれば赤色の灯火または反射器を見えやすい位置に取り付けなければならないと定められています。

とりあえず赤旗を付けておけばよいということではなく、夜間は光ったり反射したりするものを取り付けなければなりません。

まとめ

くるまクマ
くるまクマ
  • 積載制限は令和4年5月13日に緩和される
  • さらに大きな荷物を積むなら制限外積載許可を出発地の警察署で申請しなければならない
  • 制限外積載許可が下りたら昼間なら赤旗、夜間なら赤色の灯火や反射器を付けて運行しよう
タイトルとURLをコピーしました